メイクルームの韓国カラコンとウィッグで盛りたい

今お気に入りのアイテムというとメイクルームカラコンとウィッグかな。
とにかく時間をかけたり面倒な手間をかけるのが大嫌いなんで、すぐにイメチェンできるアイテムばかりを利用してる。

特別どこかに行く予定がなくても、そういうアイテムを探すこと事態がストレス発散になるんですよね。
買ってから失敗したと思うこともあるくらい衝動買いもしてしまうこともありますが、それでも出来るだけポジティブにいこうと思ってる。
そういえば今月からメイクルームカラコンも一律料金になったってどこかでみたような気がする。
一律というのは度ありと度なしの価格が一緒になったということです。
センスマニアは前から一緒でしたが、ロデオは今も異なりますよね。

そのメイクルームといえば盛れるのも多いけど、普段の髪の毛の色を少しかえてそれに合わせる色があったら理想なんですけどね。
ヘアスタイル、メイク、カラコンでどんな見た目にもなれるんじゃないかってくらい変われるよね。

通販というのか個人輸入といえばいいのか分かりませんが、韓国カラコンは今でもまだまだ人気ブランドは多いですよね。
ロデオからはヴォヤージュからワイキキという度なしも発売されたりどんどん新シリーズが出てきてるみたいだからそっちも見てみようかな。

韓国カラコンをテーマに書いていきたいのですが、ネタが尽きてきたのがちょっと変わったことも書いたりしますよ。

韓国カラコンで買えますがサイトを除くと他にもいいのがいろいろありますよね。みんなはどれが好きなのかな?

韓国カラコンの魅力ってなんでしょうね。

安さ?デザイン?コスパ?いろいろあると思うけど、やっぱり総合的に、トータルで見て、着けやすいというのがあるんじゃないかな。

私はそう思うんですよね。

ではどんなシリーズがあるかちょっと紹介しておきますね。

デカ目になれるけどナチュラルに盛れるという感じがします。だってより大きい価格も安いよね、度なし1,980円だから。

他のシリーズとはデザインも大きさも違うから、他では手に入らないタイプかもね。

14.5だけど、ハーフ系シリーズも出てますが、ほとん違いはなくて、デザインに違いがあるくらいと思ってます。

ハーフ系って言葉で言うのは簡単だけど、合わないと本当に浮いてしまいますよね。

韓国カラコンにはハーフ系しれないから、もし今まで使ったことがないようなのがいいなら考えてみてもいいかもね。

これが私は驚きましたね。直径14.2mmってだけでも今まで韓国カラコンで見てきたのより随分と小さいなって思いましたが、デザインがシンプルなんですよ。

シンプルでナチュラルなのが出たってんでそうりゃ注目されますよね。

カラーも4色だけだし、学校や会社なんかに毎日着けて行きたい部類になるだろうね。

それぞれについて詳しくはまた書いていきたいと思います。

このブログ記事について

このページは、kankaraが2014年4月21日 18:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「メイクルームはキャンディチョコが人気だね」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。